ここから本文です

大輪の花火 門出祝う引退花火ショー 安室さんも会場で鑑賞 「最高の締めくくり」

9/17(月) 4:44配信

琉球新報

 16日に芸能界を引退した県出身歌手の安室奈美恵さんに25年分の「ありがとう」を伝えようと、16日夜、宜野湾市のトロピカルビーチ特設会場で「We ♥ Namie HANABI SHOW supported by セブン―イレブン」が開催された。安室さんの歴代ヒット曲13曲に合わせ、1万2千発の花火が沖縄の夜空を彩り、安室さんの新たな門出に花を添えた。
 海岸沿いに設置された特設会場では、1万5千人が約1時間の花火と噴水が織りなす幻想的なショーを楽しんだ。会場外にも数万人のファンが詰め掛け、沖縄が生んだスーパースターの引退を惜しんだ。

 辺りが暗くなり始めた午後7時半、大音量の「Do It For Love」とともに、安室さんの「騒げ、沖縄!」の掛け声が会場内に響き渡った。パステルカラーで彩られたハート型やスマイルマークの打ち上げ花火のほか地上からの仕掛け花火、海沿いでは噴水ショーの演出もあった。クライマックスの「Hero」で降り注ぐような花火のゴールデンシャワーが夜空一面を覆うと、会場からはこの日一番の歓声が上がった。ショーは安室さんの肉声「最後はみんな笑顔で。元気でね、バイバーイ」で幕を閉じた。
 愛知県から来たともに32歳の高橋早苗さんと水野弥生さんはショーが終わった後もぼうぜんと夜空を見上げていた。水野さんは「感動と悲しみとで動けなかった」とし、今後も安室さんの幸せを願いたいと話した。高橋さんも「最高の締めくくりだった。奈美恵ちゃん、ありがとう」と目に涙を浮かべ、言葉を振り絞った。
 宮古島市の奥平美紀さん(40)は、光り輝くスパンコールのような花火の演出が安室さんらしかったと言い「沖縄の島全体に見えるような大きな花火で、とても感動した」と語った。

琉球新報社

最終更新:9/17(月) 4:51
琉球新報