ここから本文です

稀勢の里、横綱の意地見せた 栃ノ心を寄り切って7勝目

9/17(月) 18:02配信

デイリースポーツ

 「大相撲秋場所・9日目」(17日、両国国技館)

 今場所に進退を懸ける横綱・稀勢の里(田子ノ浦)は、カド番脱出を目指す大関・栃ノ心(春日野)を下して7勝目を挙げた。

 今場所最多、50本の懸賞が懸かった注目の一戦。前日、16日に小結・玉鷲に押し出しで敗れ痛恨の2敗目(6勝)を喫した稀勢の里が、横綱の意地を見せた。がっちりと右上手を取り、力勝負で栃ノ心を土俵外に寄り切った。

 栃ノ心との過去の対戦成績は16勝9敗ながら3連敗中だった。これで勝ち越しまであと1つとした。

 10日目、稀勢の里は遠藤と、5勝4敗となった栃ノ心は魁聖と対戦する。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ