ここから本文です

鈴木梨央、目指すは女優と歌手の二刀流? カラオケ対決参戦

9/18(火) 1:00配信

オリコン

 関ジャニ∞がMCを務めるテレビ朝日系音楽バラエティー番組『関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦』(21日 後7:00~9:48)で放送される「カラオケ王No.1決定戦 最強歌うまキッズ大会」に、5歳から芸能活動を行っている鈴木梨央が参戦。目指すは女優と歌手の二刀流?

【動画】鈴木梨央の歌声を少しだけ公開

 鈴木は、2012年にドラマ『カエルの王女さま』で子役デビューし、翌年の大河ドラマ『八重の桜』で、綾瀬はるか演じる主人公・八重の幼少期を演じ注目を集めた。16年のNHK連続テレビ小説『あさが来た』では波瑠演じるヒロイン・あさの幼少期を演じ、大河ドラマ(『八重の桜』)と朝ドラ(『あさが来た』)の両方で主人公の子ども時代を演じる子役は初となり、国民的な人気となった。

 そんな鈴木が好きなものの一つが”歌”。1回戦の第4試合「天才女子中学生対決」で鈴木と対決するのは、アーティスト激戦区の広島県で「コンテスト荒らし」と言われている12歳の絹井愛佳。共に絢香の「I Believe」を歌い、採点結果がより上だった方が準決勝へと駒を進める。

 「すっごい緊張しました」と述べつつも、持ち前のスターオーラと度胸で堂々たる歌唱力を披露する鈴木。その姿にMCの村上信五&大倉忠義や見届人たちも驚きを隠せないと同時に、すっかり聴き惚れていた。「もう本当に…歌手ですね」と野口五郎も吐息混じりに語っていた。

 楽器の演奏や歌の正確性などを競い合う同番組。第7弾となる21日の放送では、「カラオケ王No.1決定戦 最強歌うまキッズ大会」と「ピアノ王No.1決定戦 最強ピアノキッズ大会」を開催する。 カラオケブロックでは全国、そして海外から集結した各界を代表する“歌うま”小・中学生たちが、驚きの歌唱力で最強カラオケ王の座を競う。

最終更新:9/20(木) 11:25
オリコン

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ