ここから本文です

維新博好評「満足」9割 開幕半年、来場124万人

9/17(月) 9:45配信

佐賀新聞

 「明治維新150年」に合わせ、幕末維新期に活躍した佐賀出身者やその業績をたどる「肥前さが幕末維新博覧会」が17日、開幕から半年を迎えた。来年1月まで10カ月間の来場者は100万人を目標に掲げていたが、5カ月で突破し、8月末時点で124万人まで伸びている。

 中でも、最新の映像技術を多用したメインパビリオン「幕末維新記念館」(佐賀市の市村記念体育館)は、来場者を対象にしたアンケート調査で「とても満足」と「やや満足」が合わせて90%に達した。来場者の内訳は県外が6割で、県内の4割を上回り、新たな観光客の掘り起こしにもつながったとみられる。

 ただ、三つのテーマ館のうち、好調なメインパビリオンに比べて、他の二つのテーマ館の来場者は伸び悩んだ。今夏の記録的な猛暑もあり、来場者を広く周遊させるという当初の狙いは課題を残した格好になっている。

最終更新:9/17(月) 9:45
佐賀新聞