ここから本文です

<唐田えりか>カンヌで注目のモアモデルが爽やかに スリットから脚見せで大人っぽさも

9/18(火) 20:45配信

毎日キレイ

 女性ファッション誌「MORE(モア)」(集英社)のモデルで女優の唐田えりかさんが12日、東京都内で開かれた映画「覚悟はいいかそこの女子。」(井口昇監督、10月12日公開)の完成披露試写会に登場。白とベージュを基調にした爽やかなファッションに、赤いネイルと黒いパンプスを合わせた装いだった。

【写真特集】まねできる! モアモデル唐田えりかのこの日の着こなし ちらり脚見せが可愛い

 唐田さんは、映画「寝ても覚めても」(濱口竜介監督)で第71回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットにも登場し、注目された。この日は、白いノースリーブトップスに、フリル付きのベージュのワンピースとワイドパンツを重ね着したようないでたち。パンツのひざ下に入ったスリットから、脚をのぞかせて大人っぽさもプラスしていた。

 イベントには、中川大志さん、伊藤健太郎さん、甲斐翔真さん、若林時英さん、小池徹平さん、井口監督も出席した。

 「覚悟はいいかそこの女子。」は、少女マンガ誌「マーガレット」(集英社)で2014年から連載された椎葉ナナさんのマンガが原作。超絶イケメンだが“究極ヘタレ”な主人公・古谷斗和(ふるや・とわ、中川さん)が彼女を作るために奮闘するという青春コメディー。唐田さんは斗和が告白するクール系女子の三輪美苑を演じた。

最終更新:9/18(火) 20:45
毎日キレイ