ここから本文です

関空連絡橋、ゴールデンウィークに完全復旧へ

9/18(火) 18:03配信

Aviation Wire

 国土交通省とNEXCO西日本(西日本高速道路会社)は9月18日、タンカーが衝突して損傷した関西空港と対岸を結ぶ連絡橋について、2019年のゴールデンウィークまでに完全復旧することを目標に、作業を進めると発表した。

 4日にタンカーが南側に衝突した連絡橋は、橋桁が最大約4メートルずれた。12日から損傷した橋脚の撤去を始め、14日に作業を終えた。NEXCO西日本は、橋桁の損傷が著しいことから、再利用可能な一部を除き、新しいものを製作してかけ直すことを決めた。

 NEXCO西日本では、海上作業を予定している来年春ごろの天候が安定し、作業に支障が生じなければゴールデンウィークまでに完全復旧できるとの見通しを示した。

 連絡橋の道路は現在、リムジンバスと貨物・配送車両、工事関係車両、身体が不自由な人が利用する車両、鉄道やバスが利用できない人が使うタクシー、空港関係車両に限り、通行可能。マイカーやレンタカーは通行できない。

 一方、連絡橋を通るJR西日本と南海電鉄については、当初予定の21日より3日前倒しし、18日始発から運行を再開した。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9/18(火) 19:58
Aviation Wire

あなたにおすすめの記事