ここから本文です

<大政絢>芸者役の着物姿でシックに まとめ髪に赤いかんざし

9/18(火) 21:45配信

毎日キレイ

 女優の大政絢さんが12日、東京都内で行われた連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合)の会見に出席した。芸者・みよ吉役の役衣装で、茶の地に花や花びらなどが描かれた個性的な着物に赤の帯を合わせていた。前髪をセンターで分け、長い髪を低い位置でまとめたヘアスタイルで、赤いかんざしを挿していた。

【写真特集】雰囲気があってすてき! 大政絢が芸者役の着物姿 かんざしを挿した後ろ姿も

 ドラマは、落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの人気マンガが原作。昭和を舞台に、孤高の大名人・有楽亭八雲(岡田将生さん)や、そこへ押しかけて弟子入りした与太郎(竜星涼さん)、八雲の盟友で“希代の名人”とうたわれた助六(山崎育三郎さん)、八雲と助六を見守る芸者・みよ吉(大政さん)、助六とみよ吉の忘れ形見の小夏(成海璃子さん)といった個性的なキャラクターが登場する。

 10月12日からNHK総合で毎週金曜午後10時放送。

最終更新:9/18(火) 21:45
毎日キレイ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ