ここから本文です

エステバン・オコン、今季中のシート喪失は回避か

9/18(火) 19:59配信

TopNews

どうやらエステバン・オコンが今季いっぱいはフォース・インディアで走ることになりそうだ。

ウィリアムズに所属するランス・ストロールの父ローレンス・ストロールがフォース・インディアの新たなオーナーとなったことで、最近では近いうちにストロールがフォース・インディアへ移籍し、オコンがシートを失うことになるようだとうわさされていた。

だが、最新の情報によれば、少なくとも今季は最後までオコンがフォース・インディアのドライバーを務めることになりそうだ。

先週末に今季のF1第15戦シンガポールGPが開催されたマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで、オコンは次のように語った。

「僕が知る限り、僕はシーズン最後までフォース・インディアにとどまることになると思うよ」

オコンはメルセデスとの契約下にあるドライバーだが、メルセデスのモータースポーツ責任者であるトト・ヴォルフはどのライバルチームも政治的理由でオコンと2019年シーズンの契約を結ぼうとしないと怒りの声を発していた。

21歳のフランス出身ドライバーであるオコンは、スペインの『El Mundo Deportivo(ムンド・デポルティーボ)』に次のように語った。

「もちろん、よくはないよ。素晴らしい状況とは言えないからね。今後どうなるか分からず、ただ待ち続けるしかないのはつらいものさ」

「僕にできることは、コース上で自分を表現することだけだ」

そう語ったオコンだが、シンガポールGP決勝では1周目にチームメートのセルジオ・ペレスにはじき飛ばされてウォールの餌食となり、自己表現のパフォーマンスを見せる機会すら失ってしまっていた。

そのクラッシュについて質問されたオコンは、ただ「ノーコメント」と答えるだけだった。

最終更新:9/18(火) 19:59
TopNews