ここから本文です

ヴィゴ・モーテンセン×マハーシャラ・アリ共演作、トロント国際映画祭“最高賞”受賞!

9/18(火) 18:45配信

cinemacafe.net

『愛しのローズマリー』『メリーに首ったけ』など、数々のコメディ映画を送り出してきたファレリー兄弟の兄、ピーター・ファレリー監督が贈る映画『グリーン・ブック』(原題)が、先日閉幕した第43回トロント国際映画祭にて「観客賞」を受賞したことが明らかに。本作の日本公開日は来年3月となっている。

【写真】ヴィゴ・モーテンセン

■あらすじ
1962年、差別が残る南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニスト、ドン・シャーリーは、粗野で無教養のイタリア系、トニー・リップを用心棒兼運転手として雇うことに。黒人用旅行ガイド<グリーンブック>を頼りに、正反対のふたりは旅を始めるのだが――。

■“最高賞”を受賞! 一気に本年度アカデミー賞本命に…
北米最大規模の来場者数を誇る「トロント国際映画祭」。本作が受賞した、一般の観客の投票により決定する「観客賞」は、本映画祭では最高賞となっており、近年ではアカデミー賞作品賞に最も近い賞として注目されている。

また近年、同賞を受賞しているのは、昨年の『スリー・ビルボード』をはじめ、『ラ・ラ・ランド』、『ルーム』、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』など、アカデミー賞にて主要部門の受賞をした作品ばかりだ。


■アカデミー賞ノミネート&受賞キャストが出演
本作に出演するのは、『ロード・オブ・ザ・リング』『イースタン・プロミス』『ザ・ロード』のヴィゴ・モーテンセンと、『ハンガー・ゲーム』シリーズ、『ムーンライト』のマハーシャラ・アリ。ヴィゴは『イースタン・プロミス』でアカデミー賞主演男優賞にノミネート。マハーシャラは『ムーンライト』でアカデミー賞助演男優賞を受賞している。


そんな名優2人が、今作では笑って泣ける、奇跡の実話に挑戦。ジャズにのせて最高のバディムービーを届ける。


■監督から受賞の喜びのコメント
作品が受け入れられた反応に感動していたら、更に受賞できるとは信じられません。映画祭に感謝します。出品されただけでも光栄だったのに、このような賞を頂けるなんて、どんな夢も超えています。トロント映画祭の観客が世界一だとういう理由が分かりました。キャスト、スタッフ、そして共同脚本家たちを代表して感謝します。

『グリーン・ブック』(原題)は2019年3月、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開予定。

最終更新:9/18(火) 18:45
cinemacafe.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ