ここから本文です

エミー賞発表!「ゲーム・オブ・スローンズ」3シーズン連続で作品賞に

9/18(火) 19:45配信

cinemacafe.net

第70回エミー賞の授賞式が日本時間9月18日(現地9月17日)に開催され、米ケーブル局HBOの人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌」が3シーズン連続でドラマシリーズ部門作品賞を受賞。コメディシリーズ部門は「マーベラス・ミセス・メイゼル」が作品賞など計8部門を制した。

【画像】「ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌」場面写真

ロサンゼルスで発表された、米ドラマ界最大のイベントとなる第70回エミー賞。昨年度は放送日の関係でノミネート対象にならなかった「ゲーム・オブ・スローンズ」が、ドラマシリーズ部門で3シーズン連続となる作品賞を受賞する強さを見せ、ティリオン・ラニスター役で知られるピーター・ディンクレイジの3度目の助演男優賞を含む計9部門を獲得。同作はBS10スターチャンネルが昨年7月に本国アメリカと“完全同時放送”を行い、話題となった。

また、昨年受賞した「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」は、今回サミラ・ワイリーがゲスト女優賞を受賞したものの主要部門は受賞ならず、主演女優賞はNetflix「ザ・クラウン」でエリザベス女王を演じたクレア・フォイに、助演女優賞は「ウエストワールド シーズン2」で菊地凛子や真田広之らと共演したタンディ・ニュートンが初受賞。同作はそのほか計4部門を獲得した。


コメディシリーズ部門は、1950年代にスタンダップ・コメディエンヌを目指す主婦を主人公にした「マーベラス・ミセス・メイゼル」が作品賞、監督賞、主演女優賞(レイチェル・ブロズナハン)など合計8部門と圧倒。ドナルド・グローヴァーの「アトランタ 略奪の季節」は受賞を逃した。

ベネディクト・カンバーバッチやアントニオ・バンデラスなど人気映画俳優のノミネートが目立ったリミテッドシリーズ部門/テレビ映画部門では、「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」が作品賞、ライアン・マーフィの監督賞など計7部門を受賞。「glee/グリー」のブレイン役としても知られるダレン・クリスが主演男優として自身初のエミー賞を獲得、「glee」からの恩人であるライアンに感謝を述べていた。


なお、HBOは放送局別受賞数ではNetflixと並んで計23部門とトップに。18年連続となる「エミー賞最多受賞」記録を更新した。

主要な受賞者は以下のとおり

ドラマシリーズ部門
作品賞 「ゲーム・オブ・スローンズ」
主演男優賞 マシュー・リス「ジ・アメリカンズ」
主演女優賞 クレア・フォイ「ザ・クラウン」
助演男優賞 ピーター・ディンクレイジ「ゲーム・オブ・スローンズ」
助演女優賞 タンディ・ニュートン「ウエストワールド」
監督賞 スティーブン・ダルドリー「ザ・クラウン」
脚本賞 ジョエル・フィールズ、ジョー・ウェイスバーグ「ジ・アメリカンズ」

コメディシリーズ部門
作品賞 「マーベラス・ミセス・メイゼル」
主演男優賞 ビル・ヘイダー「バリー」
主演女優賞 レイチェル・ブロズナハン「マーベラス・ミセス・メイゼル」
助演男優賞 ヘンリー・ウィンクラー「バリー」
助演女優賞 アレックス・ボースタイン「マーベラス・ミセス・メイゼル」
監督賞 エイミー・シャーマン・パラディーノ「マーベラス・ミセス・メイゼル」
脚本賞 エイミー・シャーマン・パラディーノ「マーベラス・ミセス・メイゼル」

リミテッドシリーズ/テレビムービー部門
リミテッドシリーズ作品賞 「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」
主演男優賞 ダレン・クリス「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」
主演女優賞 レジーナ・キング「運命の7秒」
助演男優賞 ジェフ・ダニエルズ「ゴッドレス -神の消えた町-」
助演女優賞 メリット・ウェヴァー「ゴッドレス -神の消えた町-」
監督賞 ライアン・マーフィー「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」
脚本賞 チャーリー・ブルッカー「ブラック・ミラー 宇宙船カリスター号」

最終更新:9/18(火) 19:45
cinemacafe.net