ここから本文です

引退・安室奈美恵が選んだ“平穏な日々”各種メディア活動も終了準備

9/18(火) 16:45配信

東スポWeb

 16日をもって四半世紀にわたる歌手生活を終えた安室奈美恵(40)が、引退に伴い各種メディア活動も終了準備を進めている。

 安室の公式ウェブサイトでは17日、各種ファンサービスの終了を告知した。公式サイトのほか、公式ファンクラブと公式オンラインストア、公式フェイスブックページが30日で終了する。一部サービスの問い合わせ等については継続するものもあるが、「10月1日以降は各サービスの閲覧・ご利用は行えません」と伝えた。

 引退から2日後になる18日も、「25年間お疲れさまでした」などとファンのツイッター投稿が続いている。関連商品の販売情報も紹介され、関心の高さは変わらない。喪失感をおぼえる「アムロス」層もいる中、公式サイトも閉鎖となればファンとの大きな接点も消えることになる。コンタクトレンズのCMにも出演しているが、こうした商業活動も終了するのか注目されるところだ。

 安室の公式サイトでは13日付と17日付で、親族や関係者への取材を自粛するようマスコミ側に要請する告知を掲載。さらには代理人弁護士名でメディアに「引退後はプライベートに関する記事は一切掲載しないようお願いいたします」との書面も送られた。この書面では、引退後の安室が「一私人」として平穏な生活を送ることへの配慮を求めている。

 16日には公式サイトから「ファンの皆様、いつも応援してくださりありがとうございます。(中略)引退という選択をした私に対し、ファンの皆さんにも色々な感情があったかと思います… それでも、最後は笑顔で送り出そうと思ってくださるファンの皆さんの優しさに心から感謝しています(中略)応援してくださったファンの皆様、『25年間ありがとうございました。』」とメッセージを送った安室。これからは何より「平穏」な日々を求めているようだ。

最終更新:9/18(火) 17:24
東スポWeb

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ