ここから本文です

【新日本】洋央紀破りNEVER王者のタイチがG1落選「大誤審」と高笑い

9/18(火) 16:45配信

東スポWeb

 新日本プロレス17日の大分・別府ビーコンプラザ大会のNEVER無差別級選手権は、挑戦者のタイチ(38)が後藤洋央紀(39)を破り、第20代王者に輝いた。

 3月にヘビー級転向を果たしながらG1クライマックス出場メンバーから落選。その怒りを全てこの試合にぶつけた。王者にGTRの体勢に捕らえられながらも、飯塚高史の介入で気をそらして回避。タイチ式ラストライドで逆転に成功すると、脳天から落とすブラックメフィストで初の無差別級シングル王座を手にした。

 不敵にベルトを床に放り投げて「上層部、言ったよな、『頭下げに来い』って。(G1を落選させた)世紀の大誤審が証明されましたけど、どうすんだ? 来年のG1クライマックスのメンバー選考、ハードル上がっちゃったね?」と高笑いした。

最終更新:9/18(火) 16:49
東スポWeb

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ