ここから本文です

ランドローバーの立役者「ディスカバリースポーツ」初の大規模改良へ…目玉はPHEV

9/18(火) 20:00配信

レスポンス

ランドローバーのベストセラー・クロスオーバーSUV、『ディスカバリースポーツ』に初の改良新型が登場する。そのプロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが、スペイン市街地で捉えた。

[関連写真]

ディスカバリースポーツは、『フリーランダー2』の後継モデルとして2015年にデビュー。同ブランドのベストセラーに成長している。

フルモデルチェンジ級のカモフラージュで現れたプロトタイプのフロントマスクには、現行モデルより大型化されたコーナーエアインテーク、新デザインのグリルやヘッドライトの一部が見てとれる。さらにテールライトやリアバンパーも一新されると思われる。

プラットフォームには既存の「D8」アーキテクチャ最新バージョンが採用されるだろう。一部には、同ブランド最新の「PTA」プラットフォーム採用とも伝えられているが、おそらく次期型まで待つことになるはずだ。

目玉は、ハイエンドモデルに設定されるPHEVだ。新開発の直列3気筒インジニウム+電気モーターの組み合わせになる。またエントリーモデルには、マイルドハイブリッドのパワートレインも予想されている。キャビンには、『ヴェラール』新型で採用された大型2画面ディスプレイを装備するだろう。

ワールドプレミアは、2019年前半と期待されている。



《レスポンス 子俣有司@Spyder7》

最終更新:9/18(火) 20:00
レスポンス

あなたにおすすめの記事