ここから本文です

鹿島、アウェイで怒涛の3得点!天津権健を破り、クラブ発のアジア4強へ/ACL準々決勝第2戦

9/18(火) 23:18配信

GOAL

Jリーグ勢で唯一、今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に勝ち残っている鹿島アントラーズ。

18日、マカオで天津権健(中国)との準々決勝第2戦を戦い、セルジーニョ、安部裕葵、土居聖真が決めて3-0で完勝。2試合合計5-0で準決勝進出を決めた。

第1戦はホーム・カシマスタジアムでレオ・シルバとセルジーニョが得点を奪い、2-0で勝利を収めていた鹿島。このアドバンテージを生かすべく、マカオにある澳門奧林匹克体育中心運動場に乗り込んだ。警備上の都合から会場は天津ではなく、中立地のマカオに変更され、かつ直前に超大型台風が上陸するなど波乱含みの中、迎えた第2戦だった。

鹿島はホームで先勝しておりアウェイゴールも奪われていないため、引き分け以上で勝ち上がりが確定する。しかし、試合序盤から積極的に「勝ち」に出た。その姿勢が早々に実る。

13分、遠藤康の右CKからセルジーニョが頭で決めていきなりの得点。第1戦に続くセルジーニョのゴールで幸先のいいスタートを切った。27分には、内田篤人の折り返しに安部裕葵が合わせ追加点。後半に入っての66分、土居聖真とセルジーニョの連係から最後は土居がこぼれ球に反応、左足で試合を決定付ける3点目を決めた。

その後スコアは動かず、3-0で試合終了。アウェイの鹿島が2試合合計5-0で完勝し、クラブ初のACLベスト4進出を決めた。

唯一獲得していないタイトル――ACL制覇に向け、歩みを進めた鹿島。準決勝では明日19日に行われる全北現代(韓国)と水原三星(韓国)の勝者と、第1戦を10月3日、第2戦を10月24日に戦うことになる。

■試合結果
AFCチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦

天津権健 0-3 鹿島アントラーズ
■得点者
天津権健: なし

鹿島:セルジーニョ(13分)安部裕葵(27分)土居聖真(66分)

GOAL

最終更新:9/18(火) 23:21
GOAL