ここから本文です

ドル111円後半、株高で円じり安

9/18(火) 15:49配信

ロイター

[東京 18日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅円安の111円後半。トランプ米大統領が2000億ドル相当の中国製品に10%の関税を課すと発表したことを受けて一時円高が進んだが、日経平均が300円超の上昇となったことを受け、円は反落した。

米国の発表を受けてドルは午前の取引で一時111.66円、ユーロは130.30円まで下落した。

しかしその後、日経平均が上げ幅を拡大するとリスク回避ムードは後退。買い戻しが活発化し、ドルは112円台、ユーロは131円台へ切り返した。

「結局、第1弾、第2弾の対中制裁関税発動後と同じような動きになっている。ただ、112円台では半期末を控えた実需勢の売りニーズが強いとされ、112円台での定着は目先は難しそうだ」(国内銀)との見方が聞かれた。

<トルコリラ軟調、8月のFX取引金額 店頭も最大>

日本が祝日だった前日も含め、14日以降に最も大きな動きを見せた主要・新興国通貨はトルコリラ。対ドル<TRYTOM=D3>で2%を超える下げとなり、対円<TRYJPY=R>でも1カ月ぶり高値の18円半ばから17円半ばまで下落した。

下げのきっかけはエルドアン大統領の発言。野党共和人民党メンバーが国内最大のイシ銀行の株式28%を保有し取締役となっていることに関して、当局は調査すべきと主張した。また報道によると、中央銀行が13日に実施した大幅利上げについて「我慢にも限界がある」と述べたという。

市場では大統領の発言が、通貨の下げ止まりにつながった「大幅利上げの効果を削り取ってしまった」(外銀)との指摘が出ていた。

一方、金融先物取引業協会によると、店頭FX会社を経由した個人投資家のトルコリラ/円の取引金額は、8月月間で4兆7460億4200万円と、集計を開始した2008年11月以降で最大を記録した。

これまで最大だった今年5月の2兆2064億3900万円の倍以上となる大商い。急落に伴う損失確定の強制ロスカットに加え、「ボラティリティーの高まりを受けて売買差益を狙った動きもあった」(金先協会)という。

加盟社間で発生したロスカット等に伴う8月の未収金は4445万円だった。これまでの未収金の最大額は、2015年1月15日のスイスフラン急変に伴って発生した33億8800万円。

8月の個人のトルコリラ取引数量は、FX取引所「くりっく365」を運営する東京金融取引所(TFX)でも過去最大だった。[nL3N1VQ21B]

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 111.96/98 1.1697/01 130.99/03

午前9時現在 111.68/70 1.1666/70 130.31/35

NY午後5時 111.83/86 1.1683/84 130.67/71

(為替マーケットチーム)

最終更新:9/18(火) 21:10
ロイター