ここから本文です

鶴竜、白鵬が全勝守る 1敗に高安 稀勢の里は9場所ぶりの勝ち越し【10日目結果】

9/18(火) 18:02配信

デイリースポーツ

 「大相撲秋場所・10日目」(18日、両国国技館)

 鶴竜(井筒)、白鵬(宮城野)の両横綱が全勝を守り、1敗で高安(田子ノ浦)が追う展開となった。

 鶴竜は、大関とりの関脇御嶽海(出羽海)を寄り切り、白鵬は関脇逸ノ城(湊)を寄り切り切った。

 御嶽海は4敗目となり、今場所後の大関昇進の目安と考えられていた11勝に後がなくなった。

 もう一人の横綱、稀勢の里(田子ノ浦)は、前頭三枚目の遠藤(追手風)を寄り切って、9場所ぶりの勝ち越しを決めた。

 大関陣は、高安が同じく1敗の豪栄道(境川)との大関対決を制した。左を素早く差してから、かいなひねりで勝負を決めた。

 カド番の栃ノ心(春日野)は、5敗の前頭筆頭魁聖(友綱)との力相撲を制して、6勝目(4敗)を挙げた。