ここから本文です

関ジャニ∞丸山隆平、松嶋菜々子と初共演 弁護士役も初挑戦で役作りでヒゲ伸ばす

9/18(火) 9:50配信

オリコン

 人気グループ・関ジャニ∞の丸山隆平が、女優の松嶋菜々子主演のテレビ朝日系ドラマスペシャル『誘拐法廷~セブンデイズ~』(10月7日 後9:00)に出演することが18日、発表された。松嶋と初共演する丸山は自身初の弁護士役に挑戦し、役作りのためヒゲを伸ばすことを自ら提案したことも明かした。

【写真】似合う?ヒゲ姿の丸山隆平のアップショット

 本作は、キム・ユンジン主演で2007年に大ヒットした韓国映画『セブンデイズ』を日本版にリメイク。脚本は、ドラマ『ROOKIES』や『仰げば尊し』(どちらもTBS)、映画『帝一の國』などのいずみ吉紘氏が手がける。松嶋にとって、テレビ朝日制作のドラマ出演も、主演も、今回が初ということで注目を集めいている。

 松嶋が演じる天吹芽依子の一人娘が誘拐されるという衝撃展開から始まる物語は、瞬く間に“前代未聞の事件”へと発展していく。芽依子とタッグを組む弁護士・宇津井秀樹を丸山が演じる。芽依子は最愛の娘を誘拐した犯人から「殺人罪で起訴された、限りなくクロと思われる被告人・国光の無罪を勝ち取ること」を要求され、国光の弁護人である宇津井に替わることを依頼。芽依子の娘が誘拐されたことなど知る由もない宇津井だが、有能な彼女が食いつくほどの案件なら何か面白いことが起きるかもしれないと直感。一緒に国光を弁護しようと提案し、芽依子とともに法律ラインぎりぎりの弁護活動へと身を投じていく。

 2012年に主演した連ドラ『ボーイズ・オン・ザ・ラン』以来、丸山にとって6年ぶりのテレ朝のドラマ出演。「台本がすっごく面白くて、あっという間に読み終わりました。だからこそ、撮影では見落としがないよう作品とじっくりと向き合い、宇津井の役割をちゃんと自覚した上で、芽依子と足並みをそろえていかないといけないな、と思いました。『僕が足を引っ張るわけにはいかない…』というプレッシャーもありましたけど、こういう負荷がかかるときはすごくいい役だったりするんです。だから『僕も作品の歯車のひとつとして、自分なりの挑戦ができたらな』と、ワクワクもしました」とオファーを回想した。

 そして、役作りのためにヒゲもたくわえた。「今回は弁護士役ということで、現職の弁護士さんにレクチャーを受けて、裁判も民事と刑事の両方を傍聴しました。あと、台本から得たイメージをもとに、ヒゲを伸ばすことも提案させていただきました。昔からの友達には『似合わない』と一刀両断されましたけど(笑)、『誘拐法廷』の現場では『ヒゲがない顔の方が、違和感がある』と言われますね。僕自身も生やし始めたときは、自分の顔にちょっと戸惑いましたけど、今は『作品の一部として、役のために!』という強い気持ちで自分を保ってます(笑)」とコメントした。

 丸山と初共演した松嶋は「丸山さんは、テレビで拝見していても本当に人柄がよく、心が広そうな印象があったんです。現場で初めてごあいさつしたときも、温かい笑顔を向けてくれたので『あ、受け止めてもらえた!』と感じてホッとしました。丸山さんとは撮影合間によく健康情報の交換などの雑談をしています」と印象を語った。一方の丸山も「経験豊富な女優さんですし、お会いする前は構えていたんですよ。でも、撮影合間にご家庭のお話も伺って『お母さんなんだなぁ』と心が和らいで、ぐっと身近な存在に感じました。僕の日常の話にもすごく笑ってくださるし、“女優さん”ではなく“人”として接してくださるので、印象がだいぶ変わりましたね。劇中のバディ感とはまた違う形で、いい共演ができてる感覚があります」と手応えを口にした。

 撮影は酷暑の残る8月末に都内で法律ラインぎりぎりの弁護活動シーンからクランクイン。ただ、そんなことも感じさせない演技で、現場にはドラマ内の緊張感が伝わっていた。麻生学監督のこだわりにより、現場でせりふが変わっても2人は当意即妙に応じ、早くも相性のよさを見せていた。

 丸山は「『誘拐法廷』はいろんな見方ができる“母の愛の物語”。人それぞれの正義、愛や憎しみがいろんな角度から感じられて、最後まで心を揺さぶられる作品ですので、ぜひリアルタイムでご覧ください」と話し、松嶋は「麻生監督は、現場でよくセリフ変更をされる方なんですが、それによって私自身がイメージしていたものがガラッと入れ替わることもあり、演じていて1シーン1シーンが新鮮です。この作品は、なかなかない設定のドラマで、最後には衝撃的な結末が待ち受けています。見終わった後に考えさせられ、みなさんの心に残るものが必ずあると思いますので、ぜひご覧ください」と呼びかけていた。

最終更新:9/20(木) 12:25
オリコン