ここから本文です

都心周辺で積乱雲発達中 遅い帰宅は要注意 

9/18(火) 16:44配信

ウェザーニュース

大気が不安定な状態となっている18日(月)の関東地方、午後になって都心周辺など南部でも所々で積乱雲が発達してきています。

夕方以降はこうした雲がさらにまとまって、激しい雷雨となる可能性があるため、遅い帰宅ほど注意が必要になりそうです。

午前中は茨城県など北部で雨の降っている所がありましたが、午後になって東京都内や神奈川、千葉の一部でも雨雲が発生してきました。

まだ、雨雲の一つ一つは小さいものの、寒気のピークとなる夕方以降は雲がさらに発達し、雷をもたらしたり、激しい雨を降らせるような雲となる見込みです。

日が落ちると雲の様子が見えにくくなるため、遠くに雷鳴が聞こえないか、急に冷たい風が吹いてこないかなどの前兆現象に注意してください。

夕方以降、局地的に激しい雨のおそれ

早ければ夕方頃から雨雲が発達し、深夜にかけて局地的に雷を伴った激しい雨が降る見込みです。

場所によっては1時間に50mm前後の雨となり、道路冠水や中小河川が増水するおそれがあります。

雨雲の通過時は落雷や突風などにも注意が必要です。

ウェザーニュース

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ