ここから本文です

<高校野球>県大会の組み合わせ決定 22日開幕 浦和学院、初戦は白岡 花咲徳栄は宮代と対戦

9/18(火) 22:21配信

埼玉新聞

 22日に開幕する秋季埼玉県高校野球大会の組み合わせ抽選会が18日、上尾市のスポーツ総合センターで行われ、各地区予選を勝ち抜いた38校の対戦相手が決まった。

<秋季大会>県大会の組み合わせ 38校が熱戦へ

 抽選会では本抽選の前に県大会出場校によるシード校(A、Bシード)を選ぶ投票を行い、ともに夏の甲子園に出場した浦和学院と花咲徳栄が30票ずつ獲得しAシードに決定。第1、2シードを決めるための投票でも19票ずつの同数だったため、抽選を行い、花咲徳栄が第1シード、浦和学院が第2シードとなった。

 Bシードは春日部共栄と聖望学園が選出され、抽選で春日部共栄が花咲徳栄ゾーン、聖望学園が浦和学院ゾーンに入った。

 引き続き各校の主将らが予備抽選順にくじを引き、花咲徳栄が宮代、浦和学院が白岡、春日部共栄が狭山清陵、聖望学園が西武台とそれぞれ初戦の2回戦で対戦する。

 大会は国体開催期間の中断(29日~10月4日)を挟んで4球場で行われ、決勝は10月7日、県営大宮で午前10時開始。上位2校が関東高校大会(10月20~23、27、28日・山梨)に出場する。今大会の8強は、来年の春季大会で地区予選には出場せず、県大会から登場する。

 県大会の入場料は一般500円、中高生200円。引率された少年野球と中学生チーム(引率者、保護者は有料)、障害者(障害者手帳を提示)と介助者1人、小学生以下は無料。

最終更新:9/18(火) 22:31
埼玉新聞