ここから本文です

【CLグループC展望】リヴァプールとPSGの首位争い濃厚も…ナポリ&レッドスターも不気味な存在に

9/18(火) 16:50配信

GOAL

グループCには、昨季リーグ・アン王者のパリ・サンジェルマン(PSG)を筆頭に、同プレミアリーグ3位のリヴァプール、同セリエAで2位のナポリ、セルビアリーグ王者のレッドスター・ベオグラードが同居。激戦区の一つと言えるグループとなっている。※文中のオッズは『Sky Bet』、18日午後現在

これは“鬼カワ”!日産で見つけた日本代表女子サポがかわいかった【18枚】

本命:◎リヴァプール(優勝オッズ:10倍)

本命には、昨季ファイナリストのリヴァプールを挙げる。ユルゲン・クロップ体制4年目のチームは今夏、ブラジル代表の正守護神であるGKアリソンを筆頭に、攻守にインテンシティの高いMFナビ・ケイタ、強烈な左足を備えるテクニシャンのMFジェルダン・シャキリ、中盤の底だけでなく右サイドバックでもプレー可能なユーティリティ性のあるファビーニョら実力者を獲得。さらなる戦力アップに成功した。

もちろん、昨シーズンにCLの舞台で輝いた、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネの“トリデンテ”も健在。遅攻、速攻のいずれにも対応可能な点は、欧州を勝ち進むうえで大きなアドバンテージとなる。グループ首位争いの中心となる存在だ。

対抗:◯PSG(優勝オッズ:9倍)

対抗はトーマス・トゥヘル新監督が率いるPSGだ。ブレーク中のキリアン・ムバッペがロシア・ワールドカップでの活躍でさらに自信をつけており、ネイマール、エディンソン・カバーニと形成する攻撃陣の破壊力は、リヴァプールに勝るとも劣らない。さらに、アンヘル・ディ・マリアとユリアン・ドラクスラーという個人で状況を打開できる選手を備えており、選手層という面では一日の長がある。

今季のリーグ・アンでも、ここまでの5試合でリーグ唯一となる無傷の5連勝を達成しており、調子は良い。過去6シーズンにおけるCLの最高成績こそベスト8ともうひとつだが、いずれのシーズンもグループステージは突破している。ライバルとの直接対決の結果次第では、首位通過の可能性も十分だろう。

3番手:▲ナポリ(優勝オッズ:51倍)

昨季のセリエAでユヴェントスに勝ち点4差まで肉薄したナポリも侮れない。昨季までチームを率いていたマウリツィオ・サッリ監督が退任し、主軸だったジョルジーニョも指揮官と共にチェルシーへ渡った。新たにチームを率いるカルロ・アンチェロッティは経験豊富で、リーグ戦とうまく並行させることができるマネジメント力を持つ。ただ、セリエAの第3節でサンプドリアに0-3で敗れたように、まだまだチームを形成している途中。リヴァプール、PSGと同居するこのグループを突破するのは、簡単ではない。昨季リーグ戦で8得点11アシストのロレンツォ・インシーニェ、同18得点6アシストのドリース・メンテンスという2人のアタッカーに期待がかかるところだ。

穴:△レッドスター・ベオグラード

セルビアリーグ28度の優勝を誇る名門のレッドスターは、75得点15失点という成績で昨季のリーグ戦を制覇。とりわけ、30試合で15失点の堅守が売りだ。今季のCLでは予備予選1回戦からの参加ながらも、3クラブを退けてプレーオフに進出。プレーオフではザルツブルクを下して見事に本戦行きを決めており、目下の勢いは他の強豪3クラブにとっても怖い。今季のセルビアリーグでも、ここまで7戦全勝、22得点3失点と絶好調。今季公式戦11試合で9得点を挙げる29歳のフランス人FWファルドゥ・ベンの活躍に期待がかかる。

最終更新:9/18(火) 17:11
GOAL