ここから本文です

北海道 ようやく全学校再開 発電所1基、月内再稼働へ

9/18(火) 16:48配信

ホウドウキョク

北海道地震を受けて臨時休校していた厚真町など、3つの町の小中学校と高校が18日、13日ぶりに再開され、北海道内の公立学校の休校は、全て解消された。

・映像でひもとく「北海道 ようやく全学校再開 発電所1基、月内再稼働へ」

最大震度7を記録した厚真町では、4つの小中学校と高校1校が18日、再開された。

厚真中央小学校・池田健人校長は、「特別な状況だが、なるべくいつも通りの生活をさせたい」と話した。

しかし、給食センターが被災したため、昼食は、業者の弁当が提供されるほか、体育館が避難所となっている学校では、登校時間を通常より1時間遅くしている。

また、避難者に配慮し、当面はチャイムを鳴らさないという。

18日は、隣接する安平町と、むかわ町でも学校が再開された。

一方、地震により損傷し、大停電の原因となっていた苫東厚真火力発電所について、北海道電力は、3基のうちの1基について、すでに試運転を行っていて、18日中に再稼働できるとの見通しを示した。

経済産業省は、安定的な稼働を確認したうえで、19日以降は、これまでの1割の節電をさらに引き下げ、例年、冬に向けて呼びかけるレベルである「無理のない節電」を要請することにしている。

(北海道文化放送)

北海道文化放送/FNN

最終更新:9/18(火) 16:48
ホウドウキョク