ここから本文です

ゼッド/ニッキー・ロメロ/AmPm/石野卓球/中田ヤスタカらが沸かせた【ULTRA JAPAN 2018】

9/18(火) 18:05配信

Billboard Japan

 2018年9月15日~17日にかけて、TOKYO ODAIBA ULTRA PARKで【ULTRA JAPAN 2018】が開催され、3日間でのべ10万人(15日3万人、16日3.5万人、17日3.5万人)を動員した。

イベント写真(全6枚)

 午前中は雨が降りしきっていたものの、早くからオーディエンスが会場に集結した初日。MAIN STAGEには、【ULTRA JAPAN】初出演となるジョナス・ブルー、そしてオリヴァー・ヘルデンスにギャランティス、さらにはアクスウェル Λ イングロッソが登場。DJブースにドラムを持ち込み、他アーティストとは異なるスタイルで大観衆を魅了したャランティスのオリジナリティ溢れるパフォーマンスも光っていたが、他3組のハウスを主体としたセットもそれぞれ独創的でオーディエンスを虜に。初日から進化するダンスミュージックの多様性、新たな潮流の兆しを垣間見せた。RESISTANCEには石野卓球、PARK STAGEにはAmPmらも登場した。

 2日目のMAIN STAGEには、日本でも人気のニッキー・ロメロが持ち前のビッグルームなサウンドでオーディエンスを圧倒すれば、スティーヴ・アンジェロは熟練の妙技でフロアを見事にコントロール。トリを務めたDJスネークも破壊力抜群のトラップ~ベースミュージックで会場を終始沸かせていたが、圧巻だったのは怒濤のトランスセットを披露したアーミン・ヴァン・ブーレン。エネルギッシュでありながらトランスの醍醐味である高揚感やメロディの美しさ、煌めきを随所に見せるアンストッパブルなプレイに、オーディエンスは歓喜し、終始激しく踊り続けていた。

 最終日のMAIN STAGEには、キャッシュ・キャッシュ、中田ヤスタカ、アフロジャックなど。日中は快晴だったものの、惜しくも夕方から天気が崩れてしまったが、オーディエンスは逆境をも楽しむかのように大熱狂。そんななか、【ULTRA JAPAN】初出演となるゼッドが大トリとして登場。そんなフロアに対し、ゼッドは「Beautiful Now」を皮切りに自身のヒット曲をたっぷりとプレイした。

最終更新:9/18(火) 18:05
Billboard Japan