ここから本文です

ルノーF1アドバイザーのプロスト「リカルドの獲得は価値のあるものだった」

9/18(火) 16:40配信

オートスポーツweb

 ルノーF1のスペシャルアドバイザーを務めるアラン・プロストは、ルノーはダニエル・リカルド獲得のためにかなりの努力をしたと認めたが、プロストはリカルドには出費に見合う価値があると主張している。

【画像】シンガポールGPを6位で終えたリカルド

 フルワークスチームとしてF1に復帰して以来、ルノーはライバルチームより多くの出費をしても、F1で望みをかなえることはできないということを明確に示してきた。

 ルノーは、妥当だと思われる根拠に基づいてF1への投資を増やし、1年の間に財源を増強してきた。

 リカルドとの契約は価値のあるものだと判断したからだとプロストは語る。

「我々は価値があると理解しない限りは、出費しないだろう」とプロストはThe Guardian誌に述べた。

「メルセデスとフェラーリは違う哲学なのかもしれないが」

「ダニエルは他のドライバーより高価だ。チームを助けるためにそれが必要だからそうした。金額は問題ではないが、正当でないとならない」

 リカルドとニコ・ヒュルケンベルグというドライバーラインアップに関して言えば、ルノーは2019年に向けて完全に戦闘態勢が整ったとプロストは考えている。

「我々には2人のトップドライバーがいる。もしかしたら今のF1で最高のラインアップのひとつかもしれない」

「彼らはルノードライバーであってレッドブルやメルセデスに属しているわけではない」

「それは外部や内部の人々すべてに対して、我々が現時点で最高かつ正しい選択を望んでいることを示している」


[オートスポーツweb ]

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ