ここから本文です

【インタビュー】ロベルト・カルロスが語るCL『レアルには優勝してきた歴史がある』

9/18(火) 18:00配信

SOCCER KING

 チャンピオンズリーグは“連覇できない”――。もはやそんなジンクスは懐かしくすら思えてしまう。

 “銀河系軍団”レアル・マドリードは、そのジンクスを打ち破り前人未到の3連覇を達成した。もう間もなく開幕する18-19シーズンのCL、王者レアルが勢いそのまま4連覇を成し遂げるのか。それとも“ストップ・ザ・レアル”に燃えるクラブがビッグイヤーを掲げるのか。例年以上に注目が集まっている。

 現役時代はレアル不動の左サイドバックとして公式戦512試合に出場し、3度のCL優勝に貢献。Fリーグに参戦するため来日した元ブラジル代表ロベルト・カルロス氏に話を聞いた。

インタビュー・文=三島大輔
写真=コラソン齊藤友也、ゲッティイメージズ
取材協力=Fリーグ

■レアルのメンタリティは変わらない

――まずはじめに、現在の仕事について教えてください。
レアルの親善大使として、世界中を飛び回っています。あとはレアルTVでの解説、育成組織の指導も行っています。

――間もなくCLが開幕します。レアル在籍時代には3度もCLを制しましたね。
決勝ではユヴェントス(1997-98)、バレンシア(1999-00)、レヴァークーゼン(2001-02)に勝利し、優勝を果たしました。キャリアを振り返ってみても、3度のCL優勝はとても重要なタイトルだったと思います。

――その決勝という大一番では数多くのゴールを演出しました。
97-98はミヤトビッチ、99-00はマクマナマン、01-02はラウールの先制点とジダンのボレー……。中でも印象的なのはジダンのボレーですね。あのゴールは美しかった! クロスは少し高かったのですが、しっかりとミートして、綺麗に決まりましたからね。

――レアルは現在CL3連覇中です。この偉業を成し遂げられた一番の理由は何だと思いますか?
一言で言い表すのであれば、“計画性”です。レアルはピッチ内外でとてもよく組織化されています。世界トップクラスの選手たちがそろっていますが、チームは常に団結しているのです。あとはジダンという世界最高峰の監督がいたからこそ、CL3連覇を達成できたと思います。

――かつての同僚・ジダンは世界最高峰の監督と。
今日まででしたら、その答えは「イエス」です。今後もしかしたらCL3連覇、またはそれ以上の偉業を成し遂げる監督が出てくるかもしれませんけどね。ただ、そういった監督が出現しない以上、ジダンは世界一の監督であり続けるでしょう。

――今シーズンからフレン・ロペテギ監督がレアルを率います。どのような印象をお持ちですか?
完璧ですね。練習も常に見ていますが、チームのためにしっかりと仕事をしてくれる監督ですし、選手たちのことをよく理解しています。今シーズンはラ・リーガで開幕2連勝といいスタートを切れましたし、タイトルを獲得できると信じています。

――今シーズン、監督交代ともう一つ大きな出来事がありました。CLでは6シーズン連続で得点王に輝いたクリスティアーノ・ロナウドの移籍です。
これまでレアルのためにプレーしてくれたことに感謝したいですね。多くのゴールを決め、タイトル獲得に貢献してくれました。これからは敵なので「多くの幸運を!」とは少し言いずらいですが(苦笑)。ユヴェントスでも頑張ってほしいですし、彼は真の王者に値すると思っています。

――ここまでのチーム状況はどのように見ていますか?
確かに世界一の監督と世界一の選手は去りました。しかしながら、レアルのメンタリティは変わりません。チームのモチベーションも高いですし、やるべきことは同じだと思っています。

1/2ページ

最終更新:9/18(火) 18:00
SOCCER KING