ここから本文です

チェルシーのフランス代表MFカンテ、終電を逃してファンの家に泊まる!

9/18(火) 14:11配信

SOCCER KING

 チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが、終電を逃し、ファンの家で一夜を過ごしたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が17日に伝えている。

 9月15日、チェルシーはプレミアリーグ第5節でカーディフと対戦。カンテは先発フル出場を果たし4-1勝利に貢献していた。

 試合後の夜遅く、カンテはパリに向かう予定で家を出発。しかし、ロンドンから出発するユーロ・スターの最終列車を逃したという。そして、カンテがそこで時間を潰していると、アーセナルの一人のファンが終電を逃したカンテに気づき、家に招待したようだ。

 ファンの家に訪問した今年のワールドカップ優勝者カンテは、まずカレーのディナーをごちそうになり、その後ファンの友人グループとビデオゲームをし、テレビのハイライトで自分のパフォーマンスを見て一夜を過ごした。

 カンテを家に招待したファンはツイッターで次のようにカンテの来訪を報告している。

「ワールドカップ優勝者であり、プレミアリーグ最優秀選手であり、2度のプレミアリーグ覇者は、地元のモスクを訪れた後、MOTD(Match of The Day)を僕らと一緒に観て楽しんだ。彼こそ本当の“謙虚”だったよ。なんて男だ!」

 なお同メディアによると、結局カンテは真夜中のパリ行きの電車に乗ることをやめ、翌朝タクシーで帰宅したという。

 チェルシーは20日にヨーロッパ・リーグ(EL)初戦のPAOK戦を控えている。

※9月18日19時20分、「チェルシーの一人のファンが終電を逃したカンテに気づき」と記載しておりましたが、正しくは「アーセナルの一人のファンが終電を逃したカンテに気づき」のため、訂正いたしました。

SOCCER KING

最終更新:9/19(水) 1:14
SOCCER KING