ここから本文です

3Dサウンドスピーカー「KISSonix HDS4」がKickstarterプロジェクトを実施中

9/19(水) 14:34配信

CDジャーナル

3Dサウンドスピーカー「KISSonix HDS4」がKickstarterプロジェクトを実施中

3Dサウンドスピーカー「KISSonix HDS4」がKickstarterプロジェクトを実施中

 2スピーカーのみで臨場感溢れる3Dサウンドを実現するというスピーカー、KISSonix Inc.「KISSonix HDS4 3D Sound Speakers」(以下 KISSonix HDS4)が10月16日(火)まで「Kickstarter」にてプロジェクトを実施中。

 HDMI対応スピーカー「KISSonix HDS4」では、NetflixやAmazon Prime Videoなど5.1chサラウンドに対応した動画配信サービスの音声を、リアルタイムで3Dサウンドに変換。自宅でも映画館にいるような3Dサウンドが楽しめます。複数のスピーカーや緻密なセッティングは不要。

 同機に搭載された画期的な3Dエンコード技術 / ソフトウェア「KISSonix HDFX」を開発したのは、KISSonix Inc.の伊藤カズユキ。作曲家・編曲家・アーティストとして活動する傍ら25年に亘って立体音響の研究を続け、音楽家として積み重ねた知見と脳科学を融合したとのこと。

 同社の技術は、これまでに「プロダクションI.G」製作のVR映像作品「攻殻機動隊 Virtual Reality Diver」や、MONDO GROSSO『Attune / Detune』、倖田來未『KODA KUMI LIVE TOUR 2017 -W FACE-』、岩井俊二監督『リップヴァンウィンクルの花嫁』といった作品に採用され、すでに高い評価を獲得しています。

 「Kickstarter」で開始したキャンペーンでは、この技術を自宅でも気軽に楽しみたいという声に応えて「KISSonix HDS4」のプロトタイプを製作。9月29日(土)・30日(日)に東京・六本木ヒルズで開催されるJ-WAVEと筑波大学の共催イベント〈INNOVATION WORLD FESTA 2018〉では、ダンス・ユニット“POINT”とのライヴ・コラボレーションと、テクノロジー・ブースでの実機試聴が決定しています。

最終更新:9/19(水) 14:34
CDジャーナル