ここから本文です

【パンクラス】元ライト級1位・高橋“Bancho”良明が3年ぶりに復活

9/19(水) 12:11配信

イーファイト

 10月21日(日)東京・新木場のスタジオコーストにて開催される『PANCRASE 300』の追加対戦カードが発表された。

【フォト】長いリーチによる打撃を武器とする高橋

 元ライト級1位の高橋“Bancho”良明(32=パラエストラ八王子)が3年ぶりに戦線復帰する。

 高橋は2007年に「CAGE FORCE」でデビュー。同年、初代タイガーマスクこと佐山聡が創始した、スーツ型の道衣を着て戦う総合格闘技「掣圏真陰流」のトーナメントで優勝した。

 08年からは8戦無敗の快進撃。パンクラスには11年に参戦し、1つの引き分けを挟んで5連勝。13年にISAOの持つライト級王座に挑戦し、2-0の判定で敗れた。
 最後の試合は15年11月のハワイ大会で、チョークスリーパーで一本勝ちを収めている。

 柔道をベースに、長い手足から繰り出すパンチで攻めるアグレッシブな戦いで人気を博した。
 
 ハワイ大会以後は試合から離れ、ビジネスマンとして活躍。しかし最近は練習時間をしっかり取れるようになり、今回の300回記念大会にタイミングを合わせ帰って来たという。

 対戦相手はルシオ・アブレオ(28=ブラジル)で、15戦10勝5敗の戦績を持つ。10勝のうち5つをチョーク系で極めるサブミッター。

 ブラジル国内の大会をメインに活躍しているが、直近の試合は16年末と、こちらも2年以上試合ブランクがある。
 しかし昨年には2試合が決定していながら2試合ともキャンセルしており、ケガなどの事情があるにせよ練習から離れていたわけではないと思われる。

 激闘の名勝負製造機・高橋は、復帰戦を勝利で飾れるか。

最終更新:9/19(水) 12:11
イーファイト

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ