ここから本文です

コマースリンクがGoogle Manufacturer Centerのパートナーに 導入支援も開始

9/19(水) 12:20配信

MarkeZine

コマースリンクがGoogle Manufacturer Centerのパートナーに 導入支援も開始

画像

 コマースリンクは、Google Manufacturer Center(以下、Manufacturer Center)のパートナーに認定された。またこれにともない、データフィード最適化サービス「DFOプレミアム」と「DFOマネージャー」において、Manufacturer Centerに必要なデータフィードを自動作成するサービスを9月14日より開始した。

 Manufacturer Centerは、メーカーやブランド企業が所有またはライセンスを持っているブランドを管理できる無料ツール。画像や商品名、YouTube動画などの詳細な商品情報をアップロードすることで、管理が可能になる。

 同ツール内で情報を共有し管理することで、同じような商品を探しているユーザーが商品を見つけやすくなるなど、Googleサービス内における購買体験の向上が見込める。他にも、特定の期間内で商品がGoogleに表示された回数や、商品がクリックされた回数などが確認できる。

 一方、同ツールを利用する際には、規定の仕様に則った商品データが必要となる。具体的には、「自社システムからデータを出力する」「規定の仕様に従ってデータを作成する」「Manufacturer Centerのシステムと連携する」「最新の状態を維持する」といった対応が求められる。そのため、同ツールの導入にあたっては社内調整やシステム開発のコストが必要だった。

 今回コマースリンクが開始したデータフィード作成サービスを利用すると、導入企業サイトに掲載されている情報の中から、同社のサイトクローリングシステムがデータを抽出。同ツール用のデータフィード(商品データ)を毎日自動で作成する。これにより、導入企業はデータ作成に関する社内調整やシステム開発が不要になり、工数の削減や導入期間の短縮、コスト削減が実現できる。

最終更新:9/19(水) 12:20
MarkeZine

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ