ここから本文です

ワグネリアン、神戸新聞杯最終追い切り速報/栗東トレセンニュース

9/19(水) 12:31配信

netkeiba.com

 18日の全休日も坂路馬場で調整を行い、今朝18日の神戸新聞杯(9月23日・阪神芝2400m)の最終追い切りに備えたワグネリアン(栗東・友道康夫厩舎)。角馬場からCWコースを半周して坂路馬場へ向かい、レースに向けた最終追い切りを行っている。

 角馬場で乗り替わった藤岡康太騎手で単走。後方では同じく神戸新聞杯の最終追い切りを行ったエタリオウが単走で追い切るという状況だったが、坂路モニターを見ていると、2頭の走りを比較することができるような位置関係だった。

 前半はどちらも同じようなラップ、同じような力感で走っていたが、後半に入る手前あたりからエタリオウがかなりスピードに乗ってきた。ここでもワグネリアンはゆったりと走っていたが、残り300mほどになったところで、自然とスピードが乗ってグンと加速した。

 そこからはエタリオウとの差がどんどんと広がり、エタリオウが道中で速かった分、最後が失速したように見えた。しかし実際はエタリオウの時計が4F53.5~3F39.0~2F25.2~1F12.4秒だったので、失速どころか加速している。これに対して、ワグネリアンが4F53.6~3F39.1~2F24.5~1F11.9秒。こちらの時計が凄すぎただけ。

 これならレースでいいポジションから競馬できれば、最後の瞬発力をしっかり使えるはず。あとはどんなレースを見せてくれるか。

(取材・文:井内利彰)

最終更新:9/19(水) 12:36
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ