ここから本文です

【高校受験2019】静岡県公立高校入試、日程・選抜方法など公表…学力検査は3/5

9/19(水) 17:45配信

リセマム

 静岡県教育委員会は、2019年度(平成31年度)公立高校入試に関する資料をWebサイトにて公表している。2019年度入試を受験する現中学3年生と保護者に向けた「公立高校をめざすあなたへ1・2」や、学校裁量枠において重視する観点と選抜方法の概要を掲載している。一般選抜の学力検査は2019年3月5日に実施する。

画像 学校裁量枠において重視する観点および選抜方法の概要等(一部)

 2019年度静岡県公立高校入試の一般選抜日程は、願書受付を2019年2月18日から20日正午まで、志願変更受付を2月26日・27日、学力検査および面接を3月5日・6日、合格発表を3月14日に実施する予定。特別選抜も同様の日程で実施する。

 一般選抜は、各学校が独自に定める「学校裁量枠」と県共通の方法による「共通枠」の2つの選抜枠で実施される。学校裁量枠では設定校が独自の基準で選抜を行い、調査書、学力検査、面接に加えて実技検査等の選抜資料を用いることもある。静岡県のWebサイトに掲載されている「学校裁量枠において重視する観点および選抜方法の概要等」では、各学校の学校裁量枠の割合や選抜対象、選抜方法、用いる選抜資料などの詳細をまとめている。

 たとえば、静岡(普通)は、野球(男)において選抜段階Iを設定する。選抜割合は3%程度。希望者を対象に、学力検査、面接、実技検査を行う。富士(理数)は、主体的に学び続ける人材育成を目的に選抜段階Iを設定。選抜割合は25%程度。清水東(普通)は、サッカー(男)、野球(男)、バスケットボール(男)の3部活動において選抜段階Iを設定。選抜の割合は6%程度。

 「公立高校をめざすあなたへ1」では、高校入試の基礎知識や全体概要を紹介。「公立高校をめざすあなたへ2」では、詳しい選抜日程やQ&A、2019年度の学科改善など、より詳細な情報を掲載。中学3年生が志望校を決定する際の参考にしてほしいとしている。

《リセマム 畑山望》

最終更新:9/19(水) 17:45
リセマム

あなたにおすすめの記事