ここから本文です

闇の宴「自分の史上最高にダサい服で集まる飲み会」開催 10万いいねを集めた優勝者のお召し物を御覧ください

9/19(水) 15:00配信

ねとらぼ

 自分史上最高に「ダサい服」で集まる飲み会がTwitterで反響を呼んでいます。この服装で電車に乗らないといけないだと……?

【拡大画像】ダサい服飲み会の優勝者

 投稿したトロトさんが参加したのは、「一番ダサい人の飲み代がタダ」になるというハイレベルな飲み会。当日の参戦服も公開していますが、下は「青いゾウさんパンツ」を「白いハイソックス(?)」にインし、上は「明るい緑のTシャツ」に「ピンク色の柄有りタンクトップ(?)」をビブスのように重ね、さらにズボンにタックインするという着こなしっぷりです。これは強い、強すぎる……!

 しかも、宅飲みで現地で着替えるとかではなく、予算6000円くらいのお店に「最高にダサい服」のまま電車で行かなくてはいけないという、地獄のようなルールとなっております。このルールはトロトさん発案だそうですが、正気の沙汰とは思えません。想像しただけで顔が赤くなりそう……。

 他にもいくつかルールが決められており、小物類は付けなくても可で、飲み会ではダサい服のコンセプトやアピールポイントを発表、その後投票タイムを行い、1位は飲み代がタダで他の人は割り勘などなど。また、追記の「顔芸はナシです。女子なら服で勝負してください!!!」という言葉が謎の熱量を放っています。この人たち、ガチだ!

 気になる結果は、見事トロトさんが優勝。「他人の奇異な視線の代償に、他人の金で飯を食ったぞ!」というツイートが、喜びと同時に向かうまでの辛さと後悔を物語っています。ちなみに家を出る際、お母さまには「嫌なことでもあったん……?」と言われたそうです。どう見えてたんだろう……。

 なお、今回の勝負服のポイントをトロトさんに聞いてみたところ「『ダサいを作るのは足元から』をモットーにしました。また、上の服はとにかく目立たせようと中間色でまとめました。タンクトップのピンクと、カチューシャのピンク色をあわせたのもポイントです」とコメント。「オシャレは足元から」はよく聞く言葉ですが、「ダサさも足元から」だったとは……勉強になります。

 トロトさんが「手強かったわ……」と語る、当日1位を争った人の服装も公開していますが、一度トロトさんを見た後だとオシャレに見えてくる不思議。とはいえ、2位の彼女のコンセプト「不思議の国のウォーリー」は天才的です。ワードセンスすごい。

 なお、飲み会メンバーによるグループLINEでは、「行くまでに心がやられそうです。。」や「とおりすがりの若い兄ちゃんにダッサってつぶやかれて帰りたくなった」「電車来るまでトイレに隠れてる」など、当日の惨状の報告が。特にトロトさんは投稿した写真が予想以上に拡散された結果、Twitter上で「お見かけしました笑」といった目撃リプライも寄せられ、「今日ほど道行く人の視線を感じたことはなかった」とトロトさん。これ、飲み代タダだけじゃ割が合わない気がしてきた……。

 コメントでは「めちゃくちゃセンスある企画!」「やりたい!」と意外にも参戦希望者が多くみられ、「絶対楽しい」「自信ある」といった声も上がる人気に。そして現在10万以上のリツイートと26万以上のいいねが、投稿された「飲み会で認められた一番ダサい服」に集まる事態となっています。

 ちなみに、トロトさんがTwitterで見かけたと話しているように、以前にも同様の企画が開催されていたようで、Twitter民の中にはやったことがある人もいるようです。どちらにしても、最高にダサくて最高に面白い企画だった!(ただし参加は……)

画像提供:トロト(@toro_to)さん

ねとらぼ

最終更新:9/19(水) 19:31
ねとらぼ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ