ここから本文です

ファン・ビンビン謎の失踪 キャリア存続の危機&新作映画に影響

9/19(水) 18:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 脱税疑惑の浮上を受け失踪してから3カ月、いまだ消息不明となっている中国のトップ女優ファン・ビンビンが、キャリア存続の危機に立たされている。

 事の発端は今年5月末、中国CCTV(中国中央電視台)の元キャスターによる告発だった。中国の芸能界では、税務当局への提出用に金額を安めに偽装したものと、実際の金額を記載したものという2通りの出演契約書を作成する“陰陽契約”こと二重契約で、裏報酬を受け取る脱税手口が横行している。

 同キャスターは自身のSNSアカウントに、2003年のヒット映画「手機 Cell Phone」の続編「Cell Phone 2(原題)」のものと思われるファンの出演契約書のコピーを投稿。税務当局用の契約書では、4日間の仕事で1000万人民元(約1億6000万円)のギャラを受け取ったことになっているが、実際には5000万人民元(約8億円)を受け取っていたことが明らかになった。二重契約書の存在が発覚したことで脱税容疑をかけられたファンは、その直後から行方をくらましており、失踪説、亡命説、死亡説など様々な憶測が飛び交っているが、所属事務所からのコメントもないため、いまだ居場所はおろか置かれている状況さえ定かではない。

 ジェシカ・チャステイン、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴら豪華キャストを主演に迎えた話題の新作スパイスリラー「355(原題)」に出演が決まっていたファンだが、米Deadlineによれば、ファンの降板はほぼ間違いないとのこと。また、当初6月27日に予定されていたファンの最新主演作「L.O.R.D. Lord of Ravaging Dynasties 2(原題)」の中国での公開が無期延期になったほか、5月に撮影を終えた主演作「The Perfect Blue(原題)」に関しても、ファンに代わる主演女優を新たにキャスティングしたうえで再撮影を行うという。さらにブルース・ウィリス主演、シャオ・ファン監督による中国発の戦争アクション「Air Strike(原題)」の中国公開も8月17日から10月26日へ延期が発表され、ポスターからは既にファンの名前が削除されていることから、降板させられたものとみられる。

 「X-MEN:フューチャー&パスト」などハリウッド映画にも出演し、昨年のカンヌ国際映画祭ではコンペティション部門の審査員を務めるなど、国際派女優として活躍するファンの華々しいキャリアが、今回の脱税疑惑によって絶たれてしまうことになるのか、ファンの消息も含めた続報に注目が集まる。

最終更新:9/19(水) 18:00
映画.com

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ