ここから本文です

(教えて!憲法 9条と安全保障:5)自衛隊は海外で何ができるの?

9/19(水) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 我が国への急迫不正の侵害があり、他に手段がなく、必要最小限度であること――。これ以外では武力の行使はできないと政府は説明してきた。では、なぜ武装した自衛隊が外国で活動できるのか。自衛隊の海外派遣は、9条との整合性を常に問われてきた。
 訓練や親善をのぞいた初の海外派遣は湾岸戦争後の1991年。ペルシャ湾にまかれた機雷を取り除くためだった。
 「専守防衛の枠組みを越える」という野党からの批判に、政府は「停戦後に放置されている機雷。武力行使が目的ではない」と説明。自衛隊法に定められた機雷除去の任務を根拠に、閣議決定で押し切った。…… 本文:1,107文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社