ここから本文です

富山市中心商店街で映画上映&音楽イベント クラフトビールの販売も /富山

9/19(水) 12:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 イベント「プラザせんごくビアライブ」が9月30日、富山市の文化施設「富山市民プラザ」(富山市大手町6)や千石町通り商店街で開催される。(富山経済新聞)

イベントのフライヤー

 全国のクラフトビール販売をはじめ、地元で活動するバンドのライブなどで構成。山梨県の富士桜高原麦酒(ビール)や地元富山のラティスワークブルーイングなど県内外のブルワリーが参加し、商店街にある6つの飲食店舗でクラフトビールと総菜の販売を行う。

 13時からは商店街にあるそば店「めん処(どころ)まるぜん」前の特設ステージで、県内で主に活動する4組のライブ演奏を行う。

 同商店街振興組合副理事の清水智紀さんは「まちなか西地区の回遊性をつくろうという挑戦から始まった企画。今年は10社のクラフトビールを用意できた。ビール片手に、まちなかで楽しいひとときを過ごしていただければ」と呼び掛ける。

 開催2回目となる今回は「プラザせんごく映画祭」と題した新しいコンテンツが組み込まれ、同商店街が舞台となった地域映画作品「がんこもん(2013)」「まちむすび(2018)」を含む4作品を「富山市民プラザ」で無料上映する。

 「がんこもん」と「まちむすび」の撮影および編集で参加した富山市の映像制作業・島倉和幸さんは「高岡市内が舞台となり、家族のひと夏の情景を温かく描いた『lost and found』や、福島県郡山市の商店街で奮闘する戦隊ヒーロー作品『商店ガイレンジャー』など起伏に富んだラインアップも用意した。地域発信映画の魅力を楽しんでほしい」と話す。

 開催時間は12時~20時。映画上映時間は、まちむすび=12時~、18時~、lost and found=13時30分~、16時30分~、商店ガイレンジャー=14時30分~、17時30分~、がんこもん=15時~。

みんなの経済新聞ネットワーク