ここから本文です

がん組織内の遺伝子変異を検出する完全自動化システムを開発

9/19(水) 15:10配信

MONOist

 シスメックスは2018年8月30日、凸版印刷、理研ジェネシスと共同で、がん組織内の遺伝子変異を検出する検査を全自動化する研究用遺伝子測定装置「LW-100」とその関連試薬群を開発したと発表した。がん組織標本のパラフィン溶解、核酸抽出と精製、遺伝子増幅、測定結果表示までの全工程を自動化するシステムとして、研究市場への導入を開始する。

 同システムは、LW-100と核酸抽出カートリッジ、遺伝子変異検出チップなどの関連試薬群で構成される。病理検体を投入するだけで、装置内で核酸抽出、精製、解析、結果の出力までを自動処理する。

 また、複数アッセイ(最大23アッセイ)を一度に測定できる遺伝子変異検出チップを採用。LW-100と同時に導入するEGFR遺伝子変異の検出チップ「LW-100 EGFR研究用試薬」は、BNAクランプPCR法を用いており、EGFR遺伝子変異の高感度測定を可能にした。感度は100コピー以下で、検体処理時間は1サンプル3時間40分、3サンプル8時間となる。

 同社は今後、同システムを国内の研究市場へ導入し、臨床用途での実用化および遺伝子検査の標準化に向けた取り組みを加速する。また、製薬企業や医療機関と連携して、コンパニオン診断薬の開発を進めるとしている。

MONOist

最終更新:9/19(水) 15:10
MONOist