ここから本文です

ショートトラック韓国代表シム・ソクヒ暴行のコーチに実刑判決

9/19(水) 11:33配信

WoW!Korea

ショートトラック韓国代表のシム・ソクヒら多数の選手を暴行した容疑で裁判にかけられたチョ・ジェボム前韓国代表ショートトラックコーチに裁判所が実刑を言い渡し、法廷拘束した。

シム・ソクヒの紹介と写真

 水原地裁は常習傷害などの容疑で起訴されたチョ前コーチに対し、懲役10月を宣告し、「逃走の恐れがある」として、逮捕状を発布した。

 裁判所は「暴力の対象となった女子選手らの地位や年齢などを考慮した際、犯行に脆弱になるしかなく、(チョ前コーチが)暴力を行使した時期は、大韓体育会次元の暴力予防ガイドラインが制定されていたため、暴力に対する認識が弱かったとも見られない」と判決の理由を明らかにした。

 続けて「被害者から許しを得られなかった点を考慮すれば、厳罰の必要性がある」と判断した。

 裁判所は「ただし、被害者2人と合意して反省している点、選手らの成績が一部向上した点、物理的な暴力が受け継がれているた(体育界)の現実、すでに(体育会から)永久除名された上、多数の多数の選手と指導者が善処を嘆願した点などを考慮した"と量刑理由を明らかにした。

 チョ前コーチは2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックを控えた今年1月中旬ごろ、訓練過程でシム選手を数回殴って全治3週間の傷を負わせた容疑で裁判にかけられた。

 警察の捜査過程でチョ前コーチがシム選手以外に、代表選手ではない現役選手3人(男子1人、女子2人)も暴行した事実を追加確認した。チョ前コーチの暴行は2011年から続いてきたことが調査された。チョ前コーチは警察の捜査過程で暴行理由について「(選手らが)指示に従わなかった」、「競技力向上のためにそうした」と陳述した。

最終更新:9/19(水) 11:33
WoW!Korea