ここから本文です

【マンガ】「ダーツボードが複雑な模様になったのは、もともと木製だったから」って知ってた?

9/19(水) 11:00配信

ねとらぼ

 ダーツの的を思い出してみてください。アーチェリーの的のように円が重なっているうえに、中心から放射状に線が描かれ、くもの巣のようなデザインになっていますよね。実は、このような複雑な的の誕生には“的の素材”が関わっているのだとか。

【4コマのつづき】

解説

 ダーツは「ものを飛ばして的を狙う」というシンプルな競技のため、厳密な起源は分からないとされることもありますが、日本ダーツ協会によると、その原型が誕生したのは15世紀のイギリス。フランスとの百年戦争終結後、国内で薔薇(バラ)戦争が勃発した時代、兵士たちは「弓矢で特定の的を狙う」という遊びをしており、それが「輪切りにした木材を的に、短い矢を素手で投げる」ものへと変わっていったのだそうです。

 ダーツボードのルーツの1つとされるのは木の年輪で、それを利用した採点方法などが考案されたことから、いくつも円が重なる的の模様が生まれたといわれています。

 では、中心から伸びる放射状の線はどうして生まれたのか。木製の的は時間がたつと乾燥してひび割れてしまうことがあり、その亀裂もまた採点に利用されるようになったのだといいます。いわば“自然発生的に現れる木材の線”がルールに組み込まれた結果が、あの複雑な的のデザインというわけです。

主要参考文献

・ダーツの歴史(日本ダーツ協会)
・ダーツ(笹川スポーツ財団)

ねとらぼ

最終更新:9/19(水) 11:00
ねとらぼ

あなたにおすすめの記事