ここから本文です

大船渡・佐々木 154キロ速球で4強 7者連続含む15奪三振

9/19(水) 16:31配信

デイリースポーツ

 「秋季高校野球岩手大会・準々決勝、大船渡4-1黒沢尻北」(19日、八幡平球場)

 来秋ドラフトの目玉で最速157キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(2年)が、1失点完投でチームの4強入りへと導いた。力強い直球に加え、スライダーとチェンジアップも切れ味抜群。15奪三振で圧倒した。

【写真】阪神が“東北の金の卵”を指名できなかった理由…ドラフトに絡む人間関係

 岩手の新怪物が仁王立ちした。1回戦、2回戦と連投の後、中1日での登板。しかし、「マウンドに上がったら、思ったよりいい球がいった」と疲れを感じさせなかった。三回2死から五回まで圧巻の7者連続奪三振。失点は自らの暴投による1点のみにしのいだ。

 自慢の速球は、ほとんどが140キロ中盤から150キロ台を計測した。「ここで試合が決まると思った」と、この日最速の154キロをマークしたのは終盤の七回。最後まで球威は衰えなかった。22日の準決勝では盛岡大付との対戦。「任された役割を果たせるように」と県3位までに与えられる東北大会の出場権をつかむべく、エースは腕を振り続ける。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ