ここから本文です

日本代表・松島がサッカー槙野とエール交換 ラグビーW杯8強へ必勝誓う

9/19(水) 19:59配信

デイリースポーツ

 19年ラグビーW杯日本大会オフィシャルロジスティクスパートナーのDHLは19日、都内で会見し、ブランドアドバイザーとしてラグビー日本代表FB松島幸太朗(25)=サントリー、サッカー日本代表DF槙野智章(31)=浦和、元ラグビー日本代表の大西将太郎氏(39)の3人が就任したことを発表した。

 20日にW杯開幕1年前を迎える。松島は「前回大会で、プール戦(1次リーグ)はほぼ全勝しないと決勝トーナメントにいけないことが分かった。全勝するつもりでいきたい」と悲願の8強進出へ、全勝で決勝トーナメントに進出する決意を表明した。

 15年イングランド大会はプール戦で強豪南アフリカを下し3勝1敗となったが、勝ち点差で決勝トーナメント進出を逃した苦い思いがある。「前回(15年大会)勝って、相手に分析されるようになっている。その分析を上回れるかだと思う」と前回大会以上にレベルを上げて、再び世界を驚かせる思いだ。

 今年行われたサッカーW杯ロシア大会では、日本代表は16強進出を果たした。槙野からは「W杯で元気や勇気を送ることができ、サッカーへの関心も高まったと思う。ラグビーもたくさんの人に興味をもってもらう重要な大会になると思っています」とエールを送られた。

 松島がラグビーボールの投げ方を槙野に伝授するなど、交流した2人。松島は「しっかり結果にこだわる姿勢を見せて、観客のみなさんに勇気と感動を与えられればと思う」。槙野からの“パス”をしっかり受け取って、サッカーに続く感動を与えるトライにつなげる思いだ。

あなたにおすすめの記事