ここから本文です

【映像】米でマック従業員がスト決行 セクハラ根絶を求め時限スト

9/19(水) 13:18配信

AP通信

シカゴ、イリノイ州、9月19日(AP)― サンフランシスコやシカゴなど米の7主要都市で9月18日、ファストフード最大手マクドナルドの従業員が、セクハラ根絶を目指して一斉時限ストを決行した。
 米国では今年の5月22日、勤務中にセクハラを受けたとして女性従業員10人が、マクドナルド社とフランチャイズ店を提訴した。
 ストが行われたのはシカゴ、ニューオリンズ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、セントルイス、カンサスシティ(ミズーリ州)とダーラム(ノースカロライナ州)の7都市。 
 ストの目的は店舗閉鎖ではないとして、これら都市の店舗では通常通り営業が行われている。
 スト主催者側がマクドナルド社に要求しているのは、マネジャーと従業員を対象にしたセクハラ防止研修会と、この問題に取り組むための従業員と管理職、さらに国内女性グループの指導者で構成する全国委員会設立の2点。
 これに対して、マクドナルド側は「セクハラ対策には取り組んでいる」と主張。また、「社外の専門家を招いてセクハラ対策の強化を検討している」と説明している。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:9/19(水) 13:18
AP通信