ここから本文です

ミニバンは嫌、でも7人乗り欲しい… 200万円台から選べる話題の「3列シートSUV車」5選

9/19(水) 6:30配信

くるまのニュース

200万円台から選べる3列シートSUV車

 いままで、クルマに乗るファミリー層には「ミニバン」が一般的でした。しかし、最近では世界的なSUVの流行もあってか『3列シートSUV車』がぞくぞくとラインナップ。『多人数乗車が希望だけど、アクティビティにも使えるクルマ』というユーザーニーズによって誕生しています。

国内メーカーの主な「3列シートSUV車」を画像で見る(11枚)

 2018年8月に発表したホンダ「CR-V」の商品企画を担当する安井貴政氏は、「新型CR-Vは、新たに7人乗り仕様を設定しています。多人数乗車のニーズが高いミニバンユーザーからの乗り換え需要を狙っています」と話します。

 またマツダは、同社ラインナップにあった3列シートミニバン「ビアンテ」「プレマシー」の生産をやめ、新たに3列シートを備えたSUV「CX-8」を投入したことが話題にもなりました。

 そのほかの国産車では、トヨタ「ランドクルーザー/ランドクルーザープラド」、レクサス「RX450L」、日産「エクストレイル」、三菱「アウトランダー」、三菱「パジェロ」、ホンダ「CR-V」などがラインナップ。ここに輸入車勢が加われば、3列シートSUVはかなりの車種が存在します。

 今回は、国産メーカーの『3列シートSUV車』の中で、人気のモデル5車種(4WD仕様)をピックアップ。それぞれの特徴などを紹介します。

●日産「エクストレイル 20X」
エンジン:2リッター直列4気筒ガソリンエンジン
全長×全幅×全高:4690m×1820mm×1740mm
トランクルーム(7名乗車時):-L(未発表)
燃費(JC08モード):15.6km/L
駆動:4WD
価格(消費税込み):282万7440円

 日産「エクストレイル」の3列目仕様は、今回のなかでは一番安い価格です。3列目の居住空間は、エマージェンシー用と考えたほうが良いレベルです。

 成人男性(身長170cm)の場合、着座姿勢も膝を抱えるような姿勢となり、足を2列目の床部に収めるだけでも一苦労です。

●三菱「アウトランダー 24M」
エンジン:2.4リッター直列4気筒ガソリンエンジン
全長×全幅×全高:4695m×1810mm×1710mm
トランクルーム(7名乗車時):-L(未発表)
燃費(JC08モード):14.6km/L
駆動:4WD
価格(消費税込み): 294万0840円

 三菱のミドルサイズSUV「アウトランダー」は、2012年に現行モデルにモデルチェンジ。7人乗りは、ガソリン仕様の「アウトランダー」で設定。エントリーグレードの「M」は200万円台から展開されています。

 3列目の居住空間は、2列目シートとの余裕があまりないうえ、シートスライド用のレールが足元の邪魔になります。どちらかというと長距離よりは街中に向いています。

1/2ページ