ここから本文です

南伊豆でイセエビ漁が解禁 秋の到来告げる

9/19(水) 12:28配信

静岡放送(SBS)

静岡放送(SBS)

 南伊豆の海岸に本格的な秋の訪れを告げるイセエビ漁が解禁となり、今シーズンの初水揚げに港は朝早くから活気づきました。
 高波の為、当初の解禁日から、2日遅れで始まったイセエビ漁。南伊豆町の漁港では、夜明け前から漁船が沖合に出て前日に仕掛けていた網を引き上げ戻ってきました。網には、ぎっしりとイセエビがかかっていて、今季、初の水揚げを待っていた漁師や地元の人たちが総出で触角や足を折らないよう丁寧に網から外していきました。
 伊豆沿岸はイセエビ漁が盛んで中でも、南伊豆町は県内の水揚げ量の3分の1以上を占めています。9月19日の、石廊崎漁港での初日の水揚げ量は208キロと平年並みで1キロ6千480円(税込み)と値段は解禁直後が最も安くなるということです。
 南伊豆町のイセエビ漁は2019年5月まで続けられます。

静岡放送(SBS)

最終更新:9/19(水) 12:28
静岡放送(SBS)