ここから本文です

観光庁が「関西インバウンド復興プラン」策定へ、中国・韓国の秋の大型連休に焦点、官民連携で

9/19(水) 14:20配信

トラベルボイス

観光庁は2018年9月18日、「関西インバウンド観光リバイバルプラン」を策定する方針を明らかにした。台風21号に伴う関西国際空港の被災などでインバウンド市場が落ち込むことが懸念されるため、観光関係者が一丸となってキャンペーンを展開するもの。9月21日にも見込まれる関空第1ターミナル北の再開に合わせ、一気に関西地区におけるインバウンド観光活性化を狙う。

期間は、韓国のチュソク(秋夕、9月23日~25日)、中国の国慶節(10月1日~7日)を挟む1か月程度で、日本政府観光局(JNTO)や航空会社、旅行会社、関西圏の空港、公共交通事業者小売店、飲食店といった関係団体や事業者が連携して進める。

内容は、関西を観光地として改めて「知ってもらう」「来てもらう」「行ってもらう」「楽しんでもらう」を4つの軸に検討。関係団体や事業者からの聞き取り結果を踏まえ、9月21日にはリバイバルプランの個々の取り組みを公開する予定だ。

なお、関空では、9月21日からJAL、ANAともに全便の運航再開を決定。外資系航空会社も、再開を進めているところだ。関西空港・連絡橋の完全復旧については、国交省が来年ゴールデンウィークまでと目標を設定。急ピッチで復旧が進められている。

トラベルボイス編集部

最終更新:9/19(水) 14:20
トラベルボイス

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ