ここから本文です

【バレー】全日本男子、アルゼンチンにフルセット勝利するも、勝ち点差で第2次ラウンド進出を逃す 2018男子世界選手権

9/19(水) 13:04配信

バレーボールマガジン

 2018 男子世界選手権は、現地時間の18日、イタリアのフィレンツェで第1次ラウンドA組の最終戦が行われ、日本はアルゼンチンと対戦。3-2(26-24、20-25、30-32、25-20、15-13)のフルセットで競り勝った。しかし、そのアルゼンチンと勝敗で並んだものの、勝ち点差で届かずA組5位に終わり、各組4位以上が勝ち上がる第2次ラウンドへの進出はならず、第1次ラウンド敗退で大会を終えた。

1セット先取するも、アルゼンチンの猛攻を止められず、第2セットを落とす

 アルゼンチン戦、日本チームのスターティングメンバーは、伏見大和、柳田将洋、西田有志、藤井直伸、福澤達哉、山内晶大、井手 智。

 第1次ラウンドの突破には勝ち点3(3-0 もしくは3-1 での勝利)が不可欠の状態で臨んだ日本。第1セットは序盤からキャプテン・柳田と福澤を中心に攻撃を展開。ディフェンスにおいても福澤が体を張ってボールをつなぎ、会場を沸かせた。15-14 とリードした場面から4連続失点を喫したが、西田のスパイクと福澤のサービスエースで盛り返した。
 21-21から西田がサービスエースを決めて勝ち越すも、その後ジュースにもつれ込み、最後はアルゼンチンのサーブミスと、福澤のポイントでセット先取に成功した。

 第2セットは開始早々、アルゼンチンに3連続得点を許したが、西田の強打や山内のクイックを交えながらポイントを重ねる。6-6からは藤井がサイドラインギリギリへのサービスエースを決め、その後も西田と柳田が中心となって攻撃を展開した。しかし、アルゼンチンのパワフルなアタックを抑えきれず、13-15から4連続失点でリードを広げられた。
 伏見のクイックや、途中出場した石川祐希のスパイクで追い上げるも及ばず、アルゼンチンにセットを奪われた。

第3セットをジュースの末失い、1次ラウンド敗退が決定するが、フルセット勝利で大会を終える

 第3セット、序盤からサイドアウトの応酬が続いたが、7-7から西田や山内の得点でリード。一度はサイドアウトを取られたが、福澤のブロック、西田の強打、柳田のサービスエースを含む5連続得点で14-8に。
 アルゼンチンはサーブレシーブに精彩を欠いたが、一方でエースのアタックを日本は止められない。17-14 から西田が相手ブロックに苦しみ、17-17の同点とされると、そこからは両チーム一歩も譲らず。
 古賀太一郎が味方の弾いたボールを追って客席に飛び込み、負傷し離脱する事態となったが、日本は総力戦を継続。ジュースの末、アルゼンチンのセットポイントからも柳田、西田らが得点して追いすがった。しかし30-30からアルゼンチンに決められ、第3セットを落とした時点で、第1次ラウンドでの敗退が決定した。

 第4セット、開始早々に西田がサービスエースを決めれば、柳田もコースを見極めたスパイクを決めて、中盤までサイドアウトの応酬となった。16-14からアルゼンチンに連続得点を許したが、伏見のクイックや福澤のスパイク、また途中出場した石川のブロックポイントで19-19の同点に追いついた。20-20から柳田の2本のサービスエースを含む5連続得点でこのセットを取り戻した。

 第5セットは柳田のスパイクで先制点を奪う。7-7から西田が連続得点をマークすれば、アルゼンチンも3連続得点などで10-12とリードを許したが、今度は石川が連続得点。柳田もサービスエースを決め、13-12と勝ち越した。その後、同点とされたが、福澤がスパイクでポイント、最後は2枚ブロックを決めて激闘を制し、勝利を飾った。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ