ここから本文です

【図解】訪日外国人数、2018年8月は4.1%増の258万人、年間累計は過去最速で2000万人を突破 ―日本政府観光局(速報)

9/19(水) 17:50配信

トラベルボイス

日本政府観光局(JNTO)によると、2018年8月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比4.1%増の257万8000人。前年同月の247万7000人よりも10万人以上うわ回り、8月として過去最高を記録した。

【関連画像】市場別 訪日外客数

1月からの累計は前年比12.6%増の2130万9000人。過去最速で2000万人超えとなった。

市場別の最高は8月も中国で、前年比4.9%増の81万9900人。次いで多い韓国は4.3%減の62万900人、台湾は4.4%増の37万7800人、香港は0.7%増の19万6800人。これら東アジア4市場で全体の約8割を占めた。また、4市場を含め調査対象となっている20市場のうち16市場が8月として最高を記録。イタリアとスペインは単月でも最高となっている。

JNTOによれば、8月は新規就航などよる航空路線の拡充に加え、訪日プロモーションが外客数の拡大に寄与。ただし、6月に発生した大阪府北部地震や7月の豪雨の影響が東アジア市場の一部の需要抑制に働き、訪日旅行者数全体の伸びの鈍化につながったとしている。

併せてJNTOでは、台風21号や北海道胆振東部地震についても正確な情報発信に努め、訪日旅行市場への影響について引き続き注視していく考えを示している。

トラベルボイス編集部

最終更新:9/19(水) 17:50
トラベルボイス