ここから本文です

保育園に子どもを入れる前にチェックすべき5つのポイント

9/19(水) 15:10配信

マネーの達人

共働きにありがたい保育園

共働き家庭にとって、保育園は生活に欠かせないありがたい存在です。

しかし、全ての保育園が同じ内容の保育をしているわけではないので、中には「ん?」と首をかしげたくなる決まり事がある場合も少なくありません。

自分や子どもとの相性も大切なので、保育園を見学する際は次のようなポイントをしっかりチェックしてみましょう。

check 1: おやつや夕食

保育園ではおやつが出ますし、延長保育を利用する場合は夕食も食べていくことがありますが、その内容は親として大いに気になるところです。

砂糖をたっぷり使った市販のお菓子は毎日となると虫歯が気になるし、夕食の栄養バランスが悪かったり、極端に量が少なかったりすれば成長期の子どもの食事としては物足りないものになってしまいますよね。

見学の時間は園側が保護者に対応しやすいタイミングに設定されるので(昼寝の時間など)、おやつや夕食を食べているところを見せてもらうのは難しいかもしれません。

どのようなメニューなのかについて質問したり、実際にその保育園に子どもを通わせている人から話を聞かせてもらったりして、だいたいの実情を把握しておきましょう。

子どもにアレルギーがあるなら、そうした対応をしてくれるかどうかも重要ですよね。

延長保育や夕食を利用する場合は1か月の保育料が10万円を越えるケースも珍しくないので、経済的な負担についてもぜひ確認しておくことをおすすめします。

check 2: 駐車場の有無

子どもを車で送り迎えする場合は、車を停めておく場所があるかどうかも確認しておきたいところです。

特に首都圏では保育園側が駐車場を用意することができず、月極駐車場やコインパーキングを利用する人も多いのですが、そのための費用を捻出するのも大変。

たとえば、

30分以内の駐車で300円ぐらいのコインパーキングを利用するとなると、1か月あたり20日間・朝晩の利用で1万2000円
月極駐車場の場合は1か月2万5000~5万円ぐらいが相場です。

これに保育料が重なるのですから、毎月の出費が大変なことになります。

徒歩や自転車で通えない保育園の場合は、交代で使える駐車スペースがあるかどうかもしっかり確認しておきましょう。

1/2ページ

最終更新:9/19(水) 15:10
マネーの達人

あなたにおすすめの記事