ここから本文です

大坂なおみ 凱旋初戦は完勝白星、元世界4位破り8強へ<東レPPO>

9/19(水) 18:43配信

tennis365.net

東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント 2018

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2018(東京/立川、ハード、プレミア)は19日、シングルス2回戦が行われ、第3シードの大坂なおみが世界ランク30位のD・チブルコワ(スロバキア)を6-2, 6-1のストレートで破り、凱旋初戦を白星で飾った。

【大坂ら東レPPO対戦表】

今年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で日本人史上初の四大大会制覇を成し遂げた大坂を一目見ようと、試合が行われたメイン・アリーナは超満員。

大坂は序盤から強烈なフォアハンドのウィナーやセンターへのサービスエースを決めて4ゲームを連取する好スタートを切った。その後も快音を響かせると場内を沸かせ、元世界4位のチブルコワにから主導権を握って第1セットを先取。

第2セットに入っても流れは大坂に傾き、第3・第5ゲームでブレークに成功。その後も2014年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で準優勝のチブルコワを圧倒し、1度もブレークを許さずにストレート勝ちをおさめた。

準々決勝では、第8シードのB・ストリツォワ(チェコ共和国)と世界ランク27位のA・コンタベイト(エストニア)の勝者と対戦する。

最終更新:9/19(水) 18:43
tennis365.net