ここから本文です

“反プーチン”バンドに毒物を? 男性メンバー体調不良

9/19(水) 17:42配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

ロシアのプーチン大統領を批判することで知られる、現地のパンクバンドの男性メンバーが先週、突然体調の悪化を訴え、搬送先のドイツの病院は18日、「毒物が使用された疑いが強い」と明らかにした。

ロシアのパンクバンド「プッシー・ライオット」のピョートル・ベルジロフさんは9月11日、モスクワの裁判所で突然、歩行が困難になるなど体調が悪化し、モスクワの病院で応急処置を受けたのち、15日にドイツの病院に運ばれた。

病院は18日、記者会見し、ベルジロフさんに神経に作用する毒物が使われた疑いが強いと明らかにした。

「プッシー・ライオット」は、プーチン大統領に批判的なバンドとして知られ、バンドのメンバーは「暗殺未遂だ」と批判している。

FNN

最終更新:9/19(水) 17:42
ホウドウキョク

Yahoo!ニュースからのお知らせ