ここから本文です

松本人志、新番組『FREEZE』は「完全アウト」

9/19(水) 21:33配信

TOKYO HEADLINE WEB

 Amazon Prime Videoで独占配信中の松本人志の新番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE(フリーズ)』の配信記念記者発表会が19日、都内で行われ、松本を筆頭に、番組に出演中のフットボールアワーの岩尾望、安田大サーカスのクロちゃん、南海キャンディーズのしずちゃん、鈴木奈々、ダイアモンド〇ユカイ、ボビー・オロゴン、そいして諸星和己が登壇した。

 海外版の制作も決まった人気シリーズ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』に続く新番組。松本は「これね『~ドキュメンタル』の次に何があるだろうと考えたときに、もっともっとそぎ落としていったらこういうんだったんですよね」と説明。また『~ドキュメンタル』は芸人対象だったが、「いろんなジャンルの人に出てもらえるんじゃないかと思っている。(今回も)芸人さん少なめで……」。

 番組は、松本の「フリーズ!」の声がかかったら何があっても動かず、静止した状態を保たなければいけないというシンプルなルールのもとで行われるバトル。ステージを勝ち抜き、最後まで動かなかった人は100万円を獲得できる。「何もしないことで100万円もらえるなんて夢のような話」と、松本。

「企画を知らずに放り込まれて、恐怖でしかなかった」と、岩尾。「(収録の)途中だったんですけど、松本さんが“明日仕事に行けないようなことにはならない”みたいなことは言いはったんですけど、仕事行けるぐらいのギリのところまではツッコまれる。休めないくらいの嫌なダメージが長時間続くんです、松本さんの合図が出るまで。耐えてる、待っている間も緊張感が続くので辛かった」。

「自分が無になれる。無我の境地を知った」と、ユカイ。

 しずちゃんも何も知らされずに参加した。「ユカイさんとか、諸星さんとかを見て、個性の引き出し方っていろいろあるんだなと思いました。やっぱり松本さんは変態。いろいろ考えて変態の行きつく最終ってこういうことになってくるんだと思いました」。

 ボビーは「こう見えてアフリカから来たんですけど、日本に来たら、なるべく松本という人に出会わないようにしようと思う企画でした。……夢に出てきたからな! そのぐらい詰められました。それを踏まえて楽しかったです」
 
 クロちゃんも「こんなにキツいと思わなかった。緊張と緩和を繰り返すからどっちがどっちか分からなくなるんです」。本当に困ったのは収録が終わってからだといい「違う仕事に行ったときに、驚いたりドッキリがあるときに、1回固まってしまうんです。一回止まるから変な空気が流れる」とクレーム。松本は「いつも流れてるけどね」と、笑った。

 鈴木奈々は「めちゃくちゃ怖かった。予想外のことが起きるんです」とリピート。「考えもしないことを考えてて、松本さんはすごいなと思いましたけど、初めて本当にムカつきました」と振り返った。

 諸星は「柔らかく言って松本さんの行き過ぎたいたずら、な感じ。悪く言うと、松本さんのパワハラ。今、第三者委員会に委ねています(笑)。でもね、すごいな、すばらしいなって。一生懸命遊ぶというところがなかなかできないなと思います。この番組を通じて一生懸命ということを思い出しました」

 松本は「本当に審議が入ったら完全にアウト。それはそうだと思います。本気でそういうところに持ち込んだら、全員勝てると思います(笑)」と、顔をくしゃくしゃにしていた。

 そんなクレームを聞きながらも松本は「あの『~ドキュメンタル』は見てる側。今回はこっちからいろいろ仕掛けられるので楽しかった」と、ニヤリ。シリーズの継続も視野にあるが、「みなさんが、出てくれるのかどうか」。出演の可能性を聞かれたボビーは「ゆっくり考えて……はっきり断りたいと思う」と、した。

 すでに1話は配信中。シリーズは全5話構成で、毎週水曜日に1話ずつ配信する。



※ダイアモンド〇ユカイの〇は六芒星

最終更新:9/19(水) 21:33
TOKYO HEADLINE WEB

Yahoo!ニュースからのお知らせ