ここから本文です

人よりも豚の数が多すぎて困っているスペイン

9/19(水) 15:10配信

ギズモード・ジャパン

人間よりも羊の方が多い国といえばニュージーランド。そしてスペインは人間よりも豚のほうが多いんですって。

【画像】人よりも豚の数が多すぎて困っているスペイン

別に豚が多くても問題なくない?むしろのどかでいいじゃない、なんて思いますが、ちょっと深刻な事態になっているみたい。

スペインの環境省によると、現在、スペインの豚の数は、人より350万も多い5500万頭。これは人よりも豚の数が上回った初の記録だとガーディアンは伝えています。

なぜこんなに豚が増えてしまったのかというと、ジャモン・イベリコ豚の年間需要が高まったから。ガーディアンによると、環境には悪影響だし、食品安全スキャンダルを起こしたりと問題も多いようですよ。

急増する豚の家畜は、輸送、発電、産業に次いで4番目の温室効果ガス排出量発生源となっているため、環境にとっては非常に問題があるそうです。

それだけでなく、干ばつの影響を頻繁に受ける国にとって、豚の養殖は負担が大きいそうです。というのも1頭の豚が毎日15リットルの水を消費するため、サラゴサ、セビリア、アリカンテの都市の消費量を合計したよりも使っている計算になってしまいます。

また、動物の廃棄物から発生する硝酸塩が地下水を汚染しはじめていると環境保護主義者は言います。

豚肉業界は一連の食品安全スキャンダルの打撃も受けました。今年、フランスのスーパーマーケットチェーン「カルフール」のある支店で虫食いのハムが返品されたことをきっかけに警察の調査が開始されました。その結果、悪質なサプライヤーのネットワークが摘発され、50トン以上の焼却処理予定だったハムが新しい販売期限を記したラベルをつけられていることが明るみにでました。

2011年にAtlanticが報じたように、スペインのハム生産は動物福祉の面で長い間、疑問視されてきました。というのも、科学的研究で家畜の筋肉グリコーゲンを分解したところ、肉がストレスホルモンでいっぱいになっていることがわかっているのです。

しかしながら、ガーディアンの書いたとおり、2013年以来、豚の需要は供給を上回り、900万頭という記録的な増加をみせています。その結果、スペインの豚肉業界は工業化の一途をたどっているのです。

ではスペインが人口より豚が多い国第1位なのかというと、実は第2位。今年初めに、欧州委員会において統計を担当するユーロスタットが発表したによると、1位はデンマークで、なんと100人に対して215頭の豚がいるのだそうです。

教育で注目されているデンマークに豚がそんなにいたとは。平和そうでいいなと思うのですが、環境問題云々となると、そうも言っていられないのでしょうね。

The Guardian

Tom McKay [原文] ( 中川真知子 )

Image: jarcosa / iStock / Getty Images Plus

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ